作 草野たき 講談社 1260円

高校進学目前で家庭が分裂しようとしている。
離婚したい母の美樹さんと、そうしたくない父の健一君
そしてひとりむすめの双葉の三人は最後の家族旅行
北海道へ旅立つ。美樹さんのいう「あのひと」双葉のおばあちゃんが亡くなり四十九日が終わってからの離婚宣言だった。右手の甲にあるヤケドの傷あと。決して眼を合わせない母。心の奥に潜んでいた疑問符や思いが三泊四日という時間の中で溢れ出してくる。
null